ライン 長文 脈ありサイン

line(ライン)の長文は脈ありサイン?/相手の好意を判断する技

スポンサーリンク

昨今はラインでコミュニケーションをとる男女が多く、独特の世界観が広まっています。
直接的ではないそのコミュニケーションに、ある種の表現も生まれつつあります。

 

それが脈ありサインの可能性が高いのです。
理由は好意的な思いほど熱心になるものだからです。

 

反対に好意がなければ熱心にならず、ラインを使う気にもならないものです。
中でもラインの中においての長文は脈ありサインの代表的なもので、熱烈な思いが込められている可能性があります。

 

もっと自分を知って欲しい、もっと自分の気持ちを伝えたいなどの思いが長文と化している可能性があります。

 

しかしながら脈ありサインを長文で表現している内は、まだ自身の気持ちが整理出来ていない段階と考えられ、時に理解が難しい内容に及ぶことがあるのでその脈ありサインを受け取る気持ちがある場合は寛容に見ることが大切です。

 

その表現はありがとうなど、感謝の気持ちを示すこちらの脈ありサインを見せるだけで十分です。

スポンサーリンク

そもそも短文がメインのラインで長文に及ぶのは、余程の思いがあってのことと考えられます。

 

懸命に脈ありサインを表現しようとしていて、短文がメインのラインだからこそその表現でアピールしているとも考えられます。

 

ラインや長文というクッションを置いて間接的に脈ありサインを表現することが得意またはその手段しか行えないことが考えられ、得意の場合は自己表現が豊かな人と考えられます。

 

その手段しか行えない場合はシャイと考えられ、昨今の人気コミュニケーションツールであるラインを使って懸命に自己アピールをしようと長文に及んでいる可能性があります。

 

何れも相手をとても思ってのことで、余程の好意を持っていると考えられます。

 

対応はある程度長文が落ち着くまで聞くに徹します。
その間応じる気があればお礼や感謝の気持ちを伝え、応じない場合は長文をある程度の期間受け取り、上手く断るほうが無難です。

 

一切の返信をしない方法もありますが、それでは逆恨みの内容へと一変する恐れもあるのである程度の配慮も必要です。

スポンサーリンク