脈ありサイン 足の向き 心理

人間の心理から学ぶ脈ありサイン/恋愛でも足の向きは重要だった!

スポンサーリンク

気になる異性と会話をしている時に、足の向きを観察する事によって、自分に対して脈ありサインか否かを判断することが可能です。

 

例えば会話中に、足の向きがこちらに向いている時は、心理的にも心を開いていることが推測されます。

 

その理由は心理学的に、足の向きと相手に対する好意は関係性があると考えられているからです。
そのため2人で会話をしている時に、足の向きが反対方向である場合は脈ありサインである可能性が低いと推測されます。

 

人間は言葉では相手をごまかす事が出来ますが、身体の動作で相手を偽ることは難しい傾向があります。

 

例えば会話中に貧乏揺すりをしている場合の心理状態も、過度に緊張をしているケースや、早く会話を切り上げたい欲求があると推測されます。

 

相手の足の向きがこちら側に向いて、そして足を大きく広げている場合は脈ありサインである可能性が高いために、積極的に好意を伝える事で2人の関係性が親密になる可能性が高いです。

スポンサーリンク

好きな異性の脈ありサインについては、相手の言動から推測する事も可能ですが、会話中の足の向きによって、相手の心理状態を推測することが出来ます。

 

具体的には、足の向きが自分から近ければ近いほど、脈ありサインの可能性が高まります。

 

気になる異性が反対方向に向いている時に話しかけた場合、足の向きを変えて、こちら側に向いて会話をした場合は、脈ありサインだと推測できます。
その心理状態としては、好意を抱いている相手と向き合って会話をしたい欲求があるからです。

 

会話中に、相手が頻繁に足を組み替える場合は、相手は話題を変えたいという心理状態である可能性があります。
その場合も足の向きを観察して、相手の膝が自分の方に向いている場合は、脈ありサインだと推測できます。

 

相手から生理的に嫌われている場合は、足を遠ざける仕草が目立つようになります。
その心理状態としては、嫌いな相手から遠ざかりたいという心理欲求があるからです。

スポンサーリンク