脈なし サイン 男性 行動 態度

男性心理を分析、脈なしサインにおける行動と態度

スポンサーリンク

脈なしサインにおける行動や態度を分析するには、異性を問わず人としての心理と男性特有の心理について押さえておかなければなりません。
人の基本的な心理には、快感原則と呼ばれる心理があります。
人は、何かしらの快感を求めて行動を起こす原則です。
恋愛感情とは、快感を生み出します。
男性における脈なしサインとは、快感を求める思いが無いため原則として行動や態度に大きな変化が現れる姿はありません。
男性心理の中には、見られたい思いよりも見たい思いに快感が高まりやすい姿があります。
脈なしサインとしては、恋としての快感を求めていないため、顔を必要以上に合わさない行動や態度も現れやすくなるでしょう。
脈なしでは無く、脈ありの場合は、顔を見たい思いが高まる中で、些細な事でも話しかける行動や態度が現れやすくなります。
話しかける内容はそれほど重要視している訳ではありません。
顔を見るための手段としての行動です。
脈ありの場合は、女性に気づいて欲しい思いが高まる中で、堂々とした大きな態度が現れやすくなります。
逆に言えば、肩を狭める様な態度は、気づいて欲しい思いが無いサインとしての判断に繋がります。

スポンサーリンク

敢えて、男性が脈なしを伝えるために示す態度としてのサインもあります。
興味を抱いていなくても、他の女性に対して積極的に話しかける行動もその一つです。
その姿を男性に興味のある女性に見せる態度を起こす事で、男性自身を諦めて欲しいと思わせるメッセージとしてのサインです。
好きな異性に対しては、人としての情報をより多く集めたい思いが湧いて来る場合もあります。
プライベートや健康状態、趣味などに対しても気になる姿が現れやすくなるでしょう。
お互いの会話の中で、人や女性に関わりの無い会話などは、脈なしサインの可能性もあるのです。
人との繋がりを求める思いも薄く、女性と結ばれたい思いを抱いていない会話だからです。
恋愛感情を抱いている場合は、喜怒哀楽を表すような言葉が数多く現れやすくなります。
男性であろうとも、女性の様に物事に対して好きや嫌いなどの言葉が現れやすくなります。
恋愛感情を抱いていない場合は、喜怒哀楽における言葉も少なくなりまして、説明文の様な会話が多くなりやすい特徴もあります。
この様な姿は、脈なしサインとして判断できる場合もあります。

スポンサーリンク