年下男性 脈なしサイン 行動 しぐさ

年下男性の行動としぐさからわかる脈なしサイン

スポンサーリンク

意中の男性が年下男性の場合は相手がどう思っているか知る方法があります。
年下男性が自分のことをどう思っているか判断をする際には、まずは、行動をしてみるといいです。
自分の行っている行動やしぐさによって、年下男性が興味を持ってもらうことがあります。
例えば、年下男性の隣にきて上目づかいをしてみる方法や髪を耳にかけるなどしぐさを変えてみると、いつもとは違う印象を与えることができます。
しかし、どんな行動やしぐさを行ってみても全く興味を示さないこともあります。
脈なしサインが出てきます。
脈なしサインは連絡をしても連絡がないという方法が一番わかりやすいです。
仕事場内での年下男性を好きになった場合は、関係上、デートの約束をして連絡がくる場合もあります。
しかし、一度二人でご飯を食べることや出かけることで、次回のデートにつながればいいですが、今度のお誘いをした際に、年下男性が連絡がこない場合や予定が合わないなどという返信内容であれば、これは、脈なしサインになります。
脈なしサインは、相手に対して気遣うサインになります。
なので、うまく脈なしサインを読み取って、あまりしつこくないような行動をすることが必要になります。

スポンサーリンク

また年下男性が自分に気がある場合です。
年下男性ですので、母性本能をくすぐることもありますので、それが気になり恋に発展することもあります。
しかし、自分の行動で気があるようなことをしてしまうと、後で相手の気持ちをもてあそぶことになります。
もし、気がない場合には、うまく脈なしサインをしてみるといいです。
もしデートに誘われても友達も行きたいなどと、伝えて2人にならないようにすることも大事です。
行動に気を付けることで、相手も脈なしサインを察知して、何度も誘うこともありません。
行動やしぐさに気を付けることで、トラブルにもなりません。
もしその気がないのに相手の気持ちをからかってしまうしぐさをしてしまうと相手も本気になります。
しぐさも要注意です。
二人で歩くときなどは、ある程度の距離を置くなどしてみるのも効果的です。
しぐさや行動で脈なしサインを出すことができ、直接お断りすることを防ぐことができます。
相手も直接断られると傷つくので、脈なしサインをだしてうまくかわす必要があります。

スポンサーリンク