男性 脈なしサイン 電話 会話

電話の会話で男性からの脈なしサインが出された時

スポンサーリンク

恋愛における脈なしサインとはどのような心理なのでしょうか。
脈なしサインを送る側、送られる側の気持ちには複雑な気持ちが入り混じっています。
交際して月日が経ち男性からの電話で、以前とは違った様子、よそよそしい会話になった時一体女性は何を思うのでしょうか。
電話でいつもと違う会話が飛び交う時、それが脈なしサインなのかもしれません。
男性が何か他のことを考えている時は、電話で話題と違う会話をしてしまいがちです。
会話がかみ合わない、そのような時の男性心理はどこか遠いところを見ている可能性があります。
男性の心理をうまくつかむためには、日頃の電話での会話をよく観察することで、脈があるのかないのかを把握するきっかけになります。
また、会話が途切れる、いつもとは違ったニュアンスを感じる時も脈なしサインの可能性があります。
電話で何かを伝えたいが、その先が言えない、奥歯に物が挟まったような言い草は心にわだかまりを持っている証拠です。

スポンサーリンク

そういった脈なしサインの男性心理を上手く見抜くことで、相手が今何を考えているのかが分かります。
心が遠ざかり、電話で脈なしサインを出された時はそっとしてあげることも大切です。
心が離れていった男性には、一歩置いて考える時期を与えてあげることも良い方向へ進む場合もあります。
電話の中で上の空、会話が盛り上がらない場合、他のことを考えている可能性があります。
時期を見て、男性の気持ちが落ち着いた時に、もう一度電話をかけてみると会話がスムーズになることもあります。
男性が脈なしサインを出してもへこむ必要はありません。
それは一時的な男性心理が働いている場合があるので、冷却期間を設けることで心変わりをすることもあります。
あまり追いかけられると逃げ腰になる人も多くいます。
できればそのようなサインを出した時には、電話をかけずにそっとしておくことがお互いの為になります。
相手と自分の気持ちを見つめ直す期間だと考えましょう。

スポンサーリンク