脈なし メール 返信 内容 男

メールの返信内容で男性が脈なしかどうかを判断する方法

スポンサーリンク

男性が返す返信内容(メール)によって、脈なしか脈ありかはすぐに判断することができるでしょう。
基本的に男性は好意を抱いている女性に対して自分の心情を細かく伝えるのが好きなので、より具体的に心情を書いている場合は脈ありの場合があります。
そして脈なし返信の場合は短い文章や素っ気ない内容、返信メールを返すのが遅いなどが考えられます。
そのようなときに相手と上手な距離感を掴み、日常的なメール内容を適度に送ることによって距離を縮めることができるでしょう。
まずは相手の興味ある話題や共通の話題などを探しておくことも大切です。
そして間接的なコミュニケーションを利用すれば男性心理を把握しやすいので、直接コミュニケーションをとる前に利用しても有効的でしょう。
またメールを送るときには相手が返しやすい時間を見つけておくことも必要です。
とくに寝る前などのゴールデンタイムを利用してメールなどのコミュニケーションをとれば、スムーズに距離を縮めることができます。

スポンサーリンク

しかし脈なしか脈ありかをしっかりと分析するためにはメールの返信内容だけでは難しいでしょう。
そのためには直接コミュニケーションをとりながら、メールなどの間接的なコミュニケーションをとることが有効的です。
とくに脈なしの場合は男性の返信内容や温度差だけではなく、普段のコミュニケーションが「友達的な関係」を重視してくるので、積極的なアプローチがかえってマイナスなイメージになります。
そのためには友人や同僚に協力してもらって相手の心情を把握するという方法が便利でしょう。
この場合だとメールの返信内容と本人の気持ちを比較しやすいので、相手が恋愛感情を抱いているのかをはっきりと判断することができるはずです。
もし好意を抱いている男性が脈ありか脈なしかどうかを判断するときには、メールの返信内容だけではなく直接コミュニケーションをとって相手との距離を把握してみてください。
男性の心を掴めば脈なしから脈ありにすることも可能なので、すぐに脈なし男性と判断しなくてもいいでしょう。

スポンサーリンク