男性 脈なし メール 敬語 心理

男性の脈なしメール、敬語を使う心理とは

スポンサーリンク

男性とメールをしていて敬語を使われる時、脈なしなのか、心理はどういうものが考えられるのかとても気になります。
メールを行なっている男性は自分より年下なのか、年上なのかをまずは重要視します。
相手の方が年下の場合、気を使って敬語を使用していることが考えられます。
逆に相手が年上の場合、まだ仲良くなっていないか、相手のことを怖いと思っています。
どっちにしても敬語メールは距離が縮まらないので、早めの段階で敬語ぬきで話すようにします。
脈なしということではなく、これから気になってもらえる可能性も大いにあります。
そもそも男性的に脈なしだと、メールが続かないので続くだけで今後に可能性があります。
敬語を使う心理として、緊張していたり、相手側のことを敬っていることが考えられるので見下してはいないです。
逆に最初からタメ口で話してくると見下している心理が考えられます。
それだけ尊重されているとポジティブに受け取れます。

スポンサーリンク

他にも男性の脈なしメールとして、短文だったり、早く会話を終わらせようと終盤に持ち込んできたりします。
心理として、早くやり取りを終わらせてさっさと寝たいなど相手に対して無関心です。
男性の脈なしサインは女性よりもわかりにくいので気をつける必要があります。
心理をうまく読み取ることで、脈なしなのか脈ありなのかをいち早く気がつけます。
敬語から敬語ぬきに変わり、メールの頻度が高まることで距離がぐんぐん近づきます。
男性から飲みに行かないかと誘われたり、デートを申し込まれることもあります。
男性のメールで敬語を使う心理は心理ではなく、まだ仲良くなっていないという証なのでこれから関係を築いていきます。
脈なしの場合、デートを誘ってもやんわりと断られたり、恋愛の話に持っていかないことが挙げられます。
メールをしている中で敬語が取れ、冗談を言い合える中になり、そっけない内容でもレスポンスが続くものは相性が非常に良いといえます。

スポンサーリンク