美容師 好意 脈ありサイン

美容師が好意のある客にみせる脈ありサイン/行動や言葉がポイント

スポンサーリンク

美容師はイケメンでオシャレな人が多く、また手に職がある仕事でもあるので、憧れる女性は多いでしょう。
しかしながら、もし美容師が好意のある客に対して、脈ありサインを送っていても、実は気づけない女性は少なくありません。

 

それは美容師という職業に大きく影響しています。

 

例えば、美容師が客のあなたに対して笑顔で接してくれたり、話しかけてくるのは、好意があるため、脈ありサインとは言えません。
美容師は、接客のプロとして、客に気分よく過ごしてもらうために、サービスの一環として行うからです。

 

そのためあなただけではなく、他の客に対しても、同じように笑顔で接客し、話しかけているはずです。
またカット後の髪型を似合っていて可愛いと褒める行為も、好意のある客にみせる脈ありサインとは言えません。

 

自分の仕事に自信があり、その人に似あう髪型にカット出来たという気持ちがあれば、似合っていて可愛いと褒める事は普通にあるはずです。
つまり、美容師は接客のプロであり、リピーターを増やす事を目的にしているため、脈ありサインとの違いが見分けずらいと言えるでしょう。

スポンサーリンク

では、美容師が好意がある客にはどのような脈ありのサインを送っているのか紹介します。

 

まず、他の客と自分との間に、接客で明確な違いがないか比較してみて下さい。

 

例えば、自分と会話をしている時はいつもより楽しそうだったり、接客の時間が長い場合は、好意があり脈ありサインの可能性があります。
また会話については、美容師はあまり自分のプライベートは話さずに、聞き上手を心掛けています。

 

しかし好意のある客に対しては、自分の事も知って欲しいという気持ちがあり、プライベートも話すかもしれません。

 

そして、露骨に「彼氏はいるの」とは聞いてきませんが、「休みの日はどんなふうに過ごしてるんですか」など、遠回しに恋愛についての質問をしてきた場合は、好意があり脈ありサインかもと期待出来ます。

 

あとは、美容師も好意のある女性には、自分の好みの髪型をしてもらいたいという気持ちがあります。
そのためオーダーに対して、「短い髪も似合うと思いますが、長い髪の方がもっと似合うと思いますよ」という具合に、オーダーと違う提案をしてきた場合は、脈ありサインかもしれません。

 

ですが、やはり通常の状態よりも、脈ありサインかもと、勘違いしやすい状況なので、何らかのアピールがあるまで、明確な事は言えません。

スポンサーリンク