遠距離 片思い 脈ありサイン

遠距離で片思い中の相手の脈ありサイン/好意のある連絡の見分け方

スポンサーリンク

遠距離恋愛はなかなか続くものではないといいますが、それは人によりけりです。
しかし付き合っていないまま片思いで、その相手が遠距離状態となってしまった場合、ほかの人と付き合うようにならないか不安を感じてしまう人が多くいるかもしれません。

 

それまで仲良くしていたが結局告白することもできず、そのまま遠距離状態となって離れてしまうのはさびしく感じるものかもしれません。
もし、遠距離状態となった片思いの相手が、自分に対して脈ありかどうかわかるような脈ありサインはないか、相手の気持ちを知りたく思うのであれば気になるものです。

 

実は遠距離となってしまった片思いの相手が、自分のことをどう思っているのかを確かめるしぐさがいくつかあります。
脈ありサインもあれば、逆に脈ナシサインもあるので、相手の対応によってわかっていきます。

 

その対応の仕方を把握し、自分のことを少しでもどう思っているのか試してみるのも良い方法となるかもしれません。

スポンサーリンク

脈ありサインとなる対応は、メールやライン、ソーシャルネットワークでメッセージを送ると、連絡が返ってくるかどうかです。
返事が遅い場合もありますが、その内容によって脈ありサインが現れてくることもあります。

 

もし片思いの相手の返事が質問で返ってきた場合や片思いの相手のメッセージによって何か返事を返さなければならない内容の場合は、脈ありサイン又は嫌われているわけではないと受け止めて良いといいます。

 

脈ナシの場合は返事の内容がそっけないといわれています。
その返事だけで終わらせるメッセージとなり、たとえ無理にこっちが返しても、そこから返事がなければ脈ありサインとはいえません。

 

片思いであるなら、そっけないメッセージでの返信では、その遠距離の恋愛は諦めたほうが良いかもしれません。
脈ありサインを表す場合は、とにかく好きな人を優先に扱おうとします。

 

それは遠距離でも同じことであり、相手の対応が優先的に自分に扱ってくれているのであれば、片思いから両思いになる可能性が出てきます。

スポンサーリンク