脈ありサイン 外国人 男性

外国人男性が見せる脈ありサイン/文化の違いで見分ける心理と行動

スポンサーリンク

基本的に外国人男性も好意を持っている相手の安全は気になるのものなので、帰りが遅くなった時に家まで送ってくれる場合は脈ありサインである可能性があります。

 

それほど遅い時間でもないのに家まで送りたがる場合は少しでも長く一緒にいたいという心理やどんな家に住んでいるのか知りたいという心理が働いている可能性があるので脈ありサインである可能性が高いです。

 

相手が気に入っている外国人男性なら素直に送ってもらってもかまいませんが、まだそれほど親しくないのに家の中まで入ろうとしてくる場合は注意が必要です。
外国人男性は家族や友人を大切にするので、家族や友人に紹介された場合は脈ありサインである可能性があります。

 

脈ありの場合は家族や友人が出席するパーティや食事会などに頻繁に誘われることもあります。
外国人男性は基本的に割り勘をしないというイメージがありますが、実際は初デート以外は割り勘という場合も少なくありません。

 

そのため、一緒に出かける時はいつもおごってくれたり、何かプレゼントをくれたりする場合は脈ありサインである可能性が高いです。

スポンサーリンク

日本と外国は文化が違うので外国人男性がとる何気ない態度や行動が脈ありサインではないかと勘違いしてしまう日本人女性は少なくありません。
しかし、外国人男性がとる以下のような態度や行動は脈ありサインではないので注意が必要です。

 

外国人男性にとって目が合ったら微笑むというのはコミュニケーションの一つなので脈ありサインではありません。
日本人の感覚ではこのようなことをされたら自分に好意を持っていると勘違いしやすいので注意が必要です。

 

外国人男性にとってハグはただの挨拶なので、ハグをされたからといって脈ありサインというわけではありません。
ハグというのは日本人にとっての握手程度のものです。
ボディタッチもただのスキンシップなので勘違いしてはいけません。

 

外国人男性は特に好意を持っていない女性に対してもさらっと褒める言葉が出てくる人が多いです。
「キレイだね」や「カワイイね」などと褒めれられたからといって脈ありサインとは限りません。

スポンサーリンク