脈ありサイン 好意 表情

脈ありサインは好意が表情に出ます!/相手の顔に隠された真実とは?

スポンサーリンク

好意を抱いている場合の表情には一定の特徴があります。
例えば会話をしている時に、相手の目を見つめて笑顔の場合は脈ありサインと言えます。

 

食事の誘いを受けた場合に、笑いながら快諾する場合も脈ありサインと言えます。

 

さらに勉強を一緒にしている場合に、相手の表情を確認する動作が何度もある場合は脈ありサインだと言えます。
その場合、勉強の内容よりも相手の事で頭が一杯になっているのです。

 

異性から相談や依頼をされた場合に、たとえそれが面倒な用件であっても嬉しそうな表情をしている場合は脈ありサインです。
その理由は、好きな異性に対して役に立つ事が嬉しいので表情にも表れるのです。

 

さらに学生同士の場合は、体育の時間に相手の活躍を頻繁に眺めている場合も脈ありサインです。
なぜなら、好きな相手の活躍を見たいという心理的な欲求が働くからです。

 

女性の場合は悲しい出来事があっても恋愛感情を抱いている男性から励まされた場合は、明るい表情になります。

スポンサーリンク

異性に対する脈ありサインについては、様々な特徴があります。

 

まず1つ目としては、好意を抱いている人の話題をしている時は表情が輝く人が多いです。
恋愛経験が少ない人が、好意を抱いている異性の話題をする時は照れた表情が目立つようになります。

 

プライドが高い人の中には、好意を抱いている異性が近寄るとわざとその場を離れる人もいます。
これは本当は相手の事が好きなのにプライドが邪魔をして素直になれないのです。
もっともこの場合であっても、表情は照れている事が特徴です。

 

冷たい表情でその場を離れるケースは、脈ありサインではなく本当に相手の事が嫌いなサインとなります。

 

学園祭などのイベントがある場合は、好意を抱いている異性と一緒に行動をする事が多くなります。

 

一緒に歩いている時に手を繋いでくる場合も好意のサインだと言えます。

 

一般的に好意を抱いている異性と会話をしている場合は、ボディタッチが多くなります。

スポンサーリンク