女性 愚痴 脈あり サイン

女性が愚痴を言ってきたら脈ありのサイン?/相談との違いって何?

スポンサーリンク

女性が男性に対して、愚痴を言ってきた場合、それは脈ありのサインになるのでしょうか。

 

まず1つ言える事は、愚痴をいう相手というのは、信頼している相手だと言えます。
あまり親しくない相手、信頼していない相手に愚痴を言ってしまうと、その愚痴の内容を他の相手に話されてしまうと、都合が悪くなるという展開もあるわけです。

 

相手がそんな事をするわけがないという信頼関係が成立しているからこそ、愚痴を吐き出す事が出来ると言えます。
ただ、その愚痴の内容が仕事に関する不満や人間関係に関する悩みの場合、その女性の脈ありのサインとみなすのは、早計かもしれません。

 

友達にならついつい気持ちも緩んで愚痴ってしまう事もあるでしょう。
それに女性は好きな相手に対しては、好かれたい、好印象を持たれないという気持ちがあります。

 

そのため、自分のダメなところや人の悪口を言うところを、好きな相手に見せたいとは思いません。
愚痴を言う事が必ずしも女性の脈ありサインだとは言えないという訳です。

スポンサーリンク

しかしながら、その内容が恋愛の相談や彼氏の不満の場合は、脈ありのサインの可能性が高くなります。
よく女性から恋愛相談を受けているうちに、親しくなり付き合うきっかけになったという男女も少なくありません。

 

恋愛相談をするという事は、相手の恋愛観を知りたいという事でもあり、また自分が今の彼氏と上手くいっていない事へのアピールともなります。
その上で相談できる相手には信頼感があるという事も考慮して、女性の脈ありサインと判断出来るわけです。

 

さらに女性の脈ありのサインとしては、質問が多くなったり、会話が盛り上がるようになるなどの行動も見られるようになったら、脈ありサインだと判断出来ます。
恋愛相談にのり、相手が彼氏と別れた場合、別れてすぐに告白するのは、デリカシーがないと思う人もいるかもしれません。

 

ですが、別れた直後こそ、淋しいという気持ちが強かったり、失恋の痛手を新しい恋で癒したい、そう思っている女性は少なくありません。
脈ありサインが見られたら、チャンスなので思い切って告白してみましょう。

スポンサーリンク