恋愛 上司 脈ありサイン

男性上司が恋愛感情のある部下に送る脈ありサインとは!?

スポンサーリンク

上司が部下に対して冷たい態度をとるのは単にその部下を嫌っているだけという可能性もありますが、実は脈ありサインである可能性もあります。

 

なぜなら上司という立場にいると部下に対して恋愛感情を持っていることを本人や周囲の人間に知られたくないという心理が働くため、あえて冷たい態度をとっている可能性があるからです。

 

あえて冷たい態度をとることで部下が周囲から変に誤解されるのを防ぎたいという上司なりの気遣いである可能性もあります。

 

上司が比較的精神年齢が低い場合は恋愛感情を持っている相手にはつい冷たくしてしまうという子供のような理由でこのような脈ありサインを送ることもあります。

 

上司が特に理由もないのに部下の残業が終わるのを待ってくれるという場合も脈ありサインである可能性があります。

 

特に他の部下の場合は残業していてもすぐに帰ってしまうのに、特定の部下の場合は何かしら理由をつけて待っているならその部下に対して恋愛感情がある可能性が高いです。

スポンサーリンク

上司が特定の部下ばかり自分のパートナーやアシスタントにしたがるというのも脈ありサインである可能性があります。
こういった行動は公私混同と言われてもしょうがないのであまり褒められたことではありません。

 

しかし、恋愛感情がある相手には自分の近くにいてほしいという心理が働くので、このような行動をとってしまう上司は少なくありません。

 

上司から二人で飲みに行こうと誘われたら脈ありサインである可能性が高いです。
数名の部下と一緒に飲みにいくなら単に部下との親睦を深めたいだけである可能性もありますが、二人きりとなると恋愛感情を持っている相手と一緒に過ごしたいという心理が働いている可能性が高いです。

 

上司が仕事ができるということを必要以上にアピールしてくる場合も脈ありサインである可能性があります。
男性というのは特に恋愛感情のある女性には頼られたいという心理が働くことが多いので、必要以上に仕事のスピードや正確さ、人脈の広さなどをアピールしてくることがあります。

 

業務以外の話を詳細に覚えている場合も脈ありサインである可能性があります。
恋愛感情がない相手との話はすぐに忘れてしまっても、気になる相手との話ならどんなことでも詳細に覚えているという男性は少なくありません。

スポンサーリンク