男性 脈あり 連絡 頻度

男性の脈ありサインをメールやline「連絡の頻度」で見抜く方法

スポンサーリンク

片思い中はどうすれば相手の男性が振り向いてくれるか、好きな人は居るのか、メールでの連絡頻度で迷惑に思われていないかと、不安な気持ちになることがありますよね。

 

男性側も脈ありサインを発していることもあるので、そこを見極めながら親密な関係を築けるようにチャンスを掴みましょう。

 

メールや電話での連絡が来る頻度としてはやはり、多ければ多いほど脈ありのサインで、もっとお互いのことを知りたい、自分のことをアピールしたいと思うようです。

 

あまり好意のない女性に対しては、面倒と思うためにメールの頻度も少ない傾向にありますが、脈ありの場合は連絡を入れてから留守電だったとしても、再度連絡してくれ気を遣ってまで話を聞こうと努力をしてくれます。

 

連絡手段として男性は脈あり女性には電話で声を聴きながらを望むようで、相手とリアルタイムを共有しようと考え、その頻度も徐々に多くなり内容も日常的なことを話すようになる、通話時間も長くなります。

スポンサーリンク

男性からのメールの連絡頻度も脈ありサインの一つですが、メールの内容にも好意の表れが隠れています。

 

基本的には男性は必要以上の連絡を好みませんが、脈あり女性には自分の近況を伝える、今思っていることなどを内容にすることが多くなり、アピールを強くしてくるようになります。

 

そして、相手のことを知りたいがために質問が多くなり、長文になりがちで返信の催促をすることもあります。

 

長文になるのは男性が伝えたいことが多すぎて、上手く内容をまとめられない程の余裕のなさからで、そのために連絡頻度も多くしてかかわる機会を増やそうと努力します。

 

この時に忙しさのあまり、連絡があまり取れない場合には男性側に正直に話すことが大切で、お互いに丁度いい頻度を見つけることが良い関係を築くためには必要でしょう。

 

脈ありサインはたくさん隠されていますが、そこを見極めつつ女性側からも積極的にアピールを重ねていき、楽しい恋愛を目指して努力していきましょう。

スポンサーリンク